もしかして慢性頭痛|痛みが続くようなら迷わず医師に相談

夫婦

頭痛のない健康ライフへ

医者

持病として一般的な物の一つに、慢性頭痛があります。慢性頭痛はその名の通り慢性的に発生する頭痛であり、心因的なストレスが原因となっています。そのため、内科などで治療するより精神科などで心のケアを行ったほうが素早い治療につながります。

» 詳細を読む

頭痛の種類と対処

看護師

頭痛の中でも高い割合を占める慢性頭痛は、多くの頭痛持ちの人の悩みの種とされていますが、慢性頭痛の種類や特徴を把握し、適切な処置を施すようにすることで、症状が重い人でも、日常生活に支障を来さない位に症状を軽減させることは十分に可能です。

» 詳細を読む

気になる頭痛症状と対処法

様々な頭痛症状

男性

慢性頭痛とは脳腫瘍など他に頭痛の原因となる疾患を持たないにも関わらず、周期的に頭痛が起こる症状を言います。一口に慢性頭痛と言ってもその種類は様々で、主なものでも片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などがあげられ、それぞれに症状に特徴があり、原因も異なっているのです。 最も多くの人が悩んでいると思われる片頭痛ですが、特徴的な症状としては頭の片側が痛むことが多く、ズキンズキンと脈打つような強い痛みが感じられます。原因は、脳の血管が広がるために起こると言われています。 それに対して緊張型頭痛というのは、文字通り肩や首など頭の周りの筋肉が緊張することで起こるもので、頭全体や後頭部などに締め付けられるような鈍痛を感じることがほとんどです。姿勢が悪かったり、長時間同じ姿勢を続けているとなりやすいと言われており、デスクワークでパソコンと1日にらめっこされている方の中には、悩まれている方も多いのではないでしょうか。 そして、群発頭痛です。これは最も激しい痛みで、時として頭を打ちつけたくなるほどの痛みと形容されています。発作に襲われたようなすさまじさで、何も手につかない人がほとんどでしょう。原因は不明ですが、一説には目の奥を通る血管が拡張したために起こるということです。 いずれにしろ、慢性頭痛は日常生活に大きな支障をきたすもので、できれば予防改善したいのは、どなたも同じでしょう。しかし、以上見てきたようにそれぞれに原因も異なれば、症状も違っています。慢性頭痛への対処は、自分の頭痛はどのタイプなのかを確かめ、それに合ったものを行いましょう。

対処法と注意する点

わずらわしく辛い慢性頭痛ですが、症状を緩和したり防いだりしようとする場合には、それぞれに合った対処法を実践しなければなりません。でないと、返って症状を悪化させてしまうことすらあります。 例えば、片頭痛は頭の血管が拡張して起こるとされていますので、冷やす必要があります。また、動くと症状が悪化しますので、頭痛が起きたらじっと静かにして、動かずにいることが大切なのです。 逆に緊張型頭痛の場合には緊張して硬くなっている筋肉を緩める必要がありますので、温めることが大切です。そして、筋肉をほぐすために積極的に身体、特に肩や首の辺りをストレッチしましょう。 群発頭痛に関しては酸素吸入が効果があることが知られていますが、やはり1度この頭痛に襲われたら医師に診てもらい、指示を仰ぐのが何よりでしょう。気をつけることとしては、アルコールやタバコが頭痛を誘発することが知られていますので、こうしたものは避けて生活するようにしましょう。 そして、タイプに限らず慢性頭痛全般に共通する注意点があります。重大な病気が隠れている危険性を見逃さない、ということです。周期的に起こる慢性頭痛を抱えている人は、頭が痛くなると、つい「いつものアレか」となりがちです。しかし、もしかしたらその裏に脳腫瘍など重大な病気が隠れていることもあるのです。いつもの痛みと何かが違うと少しでも感じたら、すぐにクリニックを受診しましょう。また疑う病気には脳に関連するものが通常多いですが、いまは慢性頭痛が起きたときにうつ病などの疑いも出てきます。そのため、心療内科や精神科などを受診することも大事になってきます。心療内科ではストレスの元をなくしたり、症状によって薬物療法が行なわれたりしています。

頭痛と診療科

カウンセリング

慢性的に生じる頭痛がある場合には、一度専門医の診察や検査を受けておくことが大切です。まずは慢性頭痛の背景に病気がないことを確認します。慢性頭痛には生活習慣が関わっていることが多く、心療内科では生活面のアドバイスもされるのが一般的です。

» 詳細を読む

頭痛の対応方法について

病院

慢性頭痛になる原因は緊張によって血管が収縮して首筋が張ったり肩こりによって誘発されることが多いです。対処法としては適度に休憩を挟んだり、リラックス効果があるものを行う、心療内科に行くなどです。また、過剰な薬の服用は注意が必要です。

» 詳細を読む