もしかして慢性頭痛|痛みが続くようなら迷わず医師に相談

医者

頭痛と診療科

医師の診察を受けましょう

カウンセリング

気になる頭痛がある場合には、一度は医師の診察を受けておくことが必要です。こういった症状には、一般の内科はもちろんのこと心療内科でも対応しています。慢性頭痛は生活にも大きな影響を与えることがあるため、早目に解決法を探っておくことが大切です。周期的に生じる頭痛の中には、時に危険なものもあります。脳疾患の一症状として慢性頭痛が現れていることもあるため、場合によっては画像診断などを受けておくのがベストです。このような検査で異常がないことが分かれば、慢性頭痛のタイプに応じた対策が立てられます。慢性頭痛の場合には、精神的なストレスや自律神経の乱れが関係していることもあります。この手の原因にアプローチが出来るのが現在増えている心療内科です。心療内科では心の問題にも目を配りながら体の症状を治療していくため、ストレスによる慢性頭痛も治療が出来ます。頭痛を専門に診察する頭痛外来も開設されており、原因を押さえた根本的な改善が可能です。心療内科は通常内科に分類されます。ですので、心療内科医は体の症状にも詳しい知識を持っているのが常です。病気の疑いがある場合には適切な検査が勧められることが多く、慎重に診断が下されます。

生活習慣が関わっています

慢性頭痛は、通常何らかの条件がきっかけとなって生じてきます。天候や体調、周囲の環境などの特定の要因によって引き起こされることが多く、普段の生活の中に誘因があるのが特徴です。睡眠習慣やストレスが関わっているケースもあり、生活スタイルを改善することで発症頻度を抑えられる可能性があります。こうしたことから心療内科では、生活面にも目を配りながら慢性頭痛の治療を行なうのが一般的です。頭痛のタイプを見極めて、極度の緊張状態や寝過ぎなどを改善していくことが大切となります。頭痛には体の血管の状態が多くの場合関わっています。血流が増えることで悪化するタイプや逆に症状が和らぐタイプがあるのが慢性頭痛の特徴です。血管の状態や血流は主に自律神経がコントロールしているため、心療内科では自律神経を整えることも重視されます。鎮痛剤によって症状が落ち着く場合でも、出来るだけ薬の乱用を避けることが一つの課題です。従って、多くの心療内科では普段の生活習慣を見直すことが指導されます。慢性頭痛の起こる環境を敢えて避けたり、早目に兆候に気付くことが発症を減らすための一つの方法です。女性の慢性頭痛の場合にはホルモンのバランスも少なからず影響していることから、婦人科的な治療が試みられることもあります。