もしかして慢性頭痛|痛みが続くようなら迷わず医師に相談

医者

頭痛のない健康ライフへ

医者

病気は人々の生活を脅かす敵であり、日常生活に煩わしさをもたらすような小さな病気から、命に関わる重篤な症状があるものまでその恐ろしさは様々です。ただ、そんな中でも持病と呼ばれる慢性的な病気は、完治することがないものも多いため厄介な病気となっているのです。持病としてポピュラーな病気の一つに、慢性頭痛が挙げられます。頭痛といえば風邪やインフルエンザにかかってしまった時に出てくる症状の一つですが、そんな頭痛が体調の良し悪しに関わらず、定期的に現れてしまうのが慢性頭痛なのです。慢性頭痛が発生してしまうと、仕事や家事、学業などに様々な影響を及ぼしてしまいます。実際、頭痛があるがために学校や仕事を休みがちになってしまう方は少なくないのです。体調が悪くなってしまう要因をそのままにしておくというのは、多くの方が避けたいと考えるでしょう。そのため、慢性頭痛に悩まされた際にはきちんと予防をする必要があるのです。ではどうしたら予防できるのか、という話になりますが、実は慢性頭痛の症状は1つではありません。症状毎に痛む部位や痛みの質、そして原因が異なるのです。例えば、慢性頭痛の中でもかなりの割合を占めていると言われる緊張型頭痛は、眼球の上部や側頭部が痛くなります。こちらはストレスが主な原因となっており、日常生活で何らかのストレスを受けることにより発症してしまいます。つまり、逆に言うならストレスを防ぐことによって頭痛も防ぐことが出来るのです。

緊張型頭痛は、日頃のストレスが引き金となって発症してしまいます。そのため、学校や仕事などで無理をしない、人間関係の悩みは誰かに相談することなどが効果的な治療方法となっているのです。頭痛がひどくなると医療機関で治療を受ける方が多いですが、頭痛といえば一般的には内科が主な診療科だと思う方が多いでしょう。しかし、前述したように心の疲弊が引き起こす慢性頭痛の場合、内科での治療では改善が難しい場合があります。痛み止めの薬などで一時的な処置は施せても、根本的な原因の除去にはつながりません。その時の痛みは和らげても、また次に頭痛が発生してしまう可能性は十分に考えられるのです。そのため、心の不調が引き起こす頭痛の際には心療内科などに通うことが大切です。頭痛の表れ方によって必要となるケアは変わってきますが、場合によっては服薬治療よりカウンセリングによる心のケアが治療につながることもあります。内科などで治療がうまくいかない場合や、心の疲れと頭痛が同時に発生した際には、精神科や心療内科など心の治療を行ってくれる医療機関を利用しましょう。